警備員を募集しています

☆警備業とは

警備業とは、依頼者の需要に応じて生命や身体、財産への侵害を警戒・防止する業務を営業として行うものであると、警備業法によって規定されています。

 

一般的には、個人や団体などの依頼者と警備会社が契約を結び、施設や人、物品、道路などの警備を実施することが主な業務です。したがって金銭関係が発生しないボランティアや、自社社員による巡回など依頼者と請負者の関係ではない業務は、警備業には該当しません。

 

それぞれの契約に基づき警備活動を遂行することが中心的役割ですが、災害時には警察や他の警備業者との協定に沿って、道路での誘導や避難所の警備も実施します。その際は通常業務における担当地域だけでなく、離れた被災地へ出張することがあります。

 

☆警備業の仕事一覧

警備業法によれば、警備業は「施設警備業務」「交通誘導警備業務(または雑踏警備業務)」「輸送警備業務」「身辺警備業務」の大きく4つに分類されています。

 

施設警備業務とは、

ビルやショッピングセンター、工事現場、娯楽施設などで常駐・巡回しトラブル防止や緊急時の対応に努めるものです。

 

 

交通誘導警備は

道路工事現場やイベントなど、多数の人や自動車が密集する場所で誘導や危機管理を行います。

また現金や美術品、危険物などの物品輸送にあたって警護を担当するのが輸送警備業務、人物や団体への危害を防止するいわゆるボディーガードが身辺警備業務です。これら4つの分野ごとに勤務場所の環境や警備の対象が異なるため、求められるスキルにも違いがあります。

 

☆警備員として働くには

警備業務に携わるためには、基本的に警備会社に入社し専門教育を受けることが必要です。

 

警備会社は公安委員会の認定を受けており、社員に対して警備業務の基礎知識や関係する法令、トラブル発生時の対応方法、自身の護身など、法律で規定された教育内容を実施します。社員は基本教育と専門業務に関する教育をそれぞれ15時間以上受講したのち、プロの警備員として現場に立てるようになります。

 

警備会社に入社するために必須の資格はありませんが、人物像として、強い責任感や社会貢献意欲、迅速で柔軟な判断能力をもつ人物が適しているといえるでしょう。業務内容によっては普通自動車免許が求められるため、応募前に確認しておくことをお勧めします。

 

☆警備業でのキャリアアップを目指すには

警備業でスキルアップ、キャリアアップを狙うには、資格取得がポイントです。警備業に関する国家資格として、警備員の教育指導を行える「警備員指導教育責任者」、防犯カメラや赤外線センサーなどの機械警備に関する高度な専門知識を持つ「機械警備業務管理者」、個々の警備分野に関する専門知識や技術力を保証する「警備業務検定」の3種類があります。

 

キャリアプランとしては

警備会社への入社前や入社後に警備業務検定の資格を取得し、専門性向上や業務の幅拡大に努めたのち、実務経験を3年以上経験した時点で警備員指導教育責任者を取得し管理職になるというコースが一般的です。警備業務検定には、施設警備業務や交通誘導警備業務など全6分類があり、2級では現場リーダーとしての資質が保証され、1級では管理者に近い能力が認められます。国家資格を保持していると、昇級だけでなく転職にも有利なため、ぜひチェックしておきましょう。

 

依頼者や地域社会の安全に貢献できる点が警備業の魅力といえます。自身の適性に応じた警備分野で活躍し、キャリアアップを目指してみてはいかがでしょうか。

施設警備員の仕事内容(1号警備)

施設警備員(1号警備員)の仕事内容は

警備員には様々な職種があり、大きく分けて4つの職種があります。今回は、その中でも施設警備員と呼ばれる、施設警備に関する、業務内容や魅力についてご紹介します。

 

施設警備員の主な勤務場所

施設警備は別名、一号警備とも呼ばれます。施設警備とは、スーパーマーケットや、学校、会社などに駐在し、見回りなどをしている警備員のことです。こちらはみなさんがよく見る馴染みのある警備員だと思います。施設に駐在し、主に施設の巡回や、施設に出入する車などの、出入管理などを行います。

 

主に施設警備員が駐在する場所は

官公署や事務所などのオフィスビル

駐車場

ホテル

金融機関

テーマパーク

商業施設

工場

など、幅広い施設に駐在し、警備を行っています。

1号の施設警備

日本における警備業務の需要の約50%を占めています。

事務所、住宅、興行場、駐車場、遊園地等の施設における盗難等の事故の発生を警戒し、防止する業務です。

国民生活に直接関係するライフライン施設、公共施設、各企業が保有する施設、個人宅に至るまで、施設警備業務の提供範囲は多岐にわたっており、業務提供の形態もユーザーの意向と安全性の双方が両立できるよう、様々な形態によって行われています。

 

施設警備業務

契約先施設に警備員が常駐し、出入管理、巡回、開閉館管理、鍵の管理、防災センター業務などの各種業務を行います。

施設警備業務

巡回警備業務

複数の契約先施設を警備員が車両等で移動し、それぞれの施設を定期又は不定期に巡回します。契約先施設に警備員は常駐していません。

巡回警備業務

保安警備業務

百貨店、大型電機量販店、書店、スーパーマーケットなどの商業施設において、私服又は制服警備員による店内巡回、モニターによる監視などを行い、万引きや置き引き等の店内での各種の犯罪を防止します。

 

空港保安警備業務

エックス線透視検査装置や金属探知機等を用いて、航空機内への持ち込み禁止品の不法な持ち込みを防止します。機器の取り扱いに専門的知識と技能が要求されます。

空港保安警備業務

 

機械警備業務

契約先施設に各種のセンサー等を設置し、警備業者の監視センターで侵入者や火災等の発生を監視し、異常があった際には直ちに警備員が現場に駆け付けます。警備員が常駐する施設警備業務に比べて低いコストで警備業務を実施できるメリットがあります。

 

2号警備

安全なイベント開催や交通の安全に貢献しています。
人若しくは車両の雑踏する場所又はこれらの通行に危険のある場所における負傷等の事故の発生を警戒し、防止する業務です。

1. 交通誘導警備業務

日本は車社会といわれるほど車両保有台数が多く、ビジネス、レジャーを問わず、日々多くの車両が通行しています。
交通誘導警備業務は、道路工事現場や駐車場など交通に危険があると思われる場所において、通行する人や車両の誘導を行うことで、交通の安全確保に貢献しています。日本においては一般的な警備業務の形態ですが、諸外国においてはほとんど見受けられません。

交通誘導警備業務

2. 雑踏警備業務

コンサート、花火大会、マラソン大会、夏祭りなどのイベントは、いずれも不特定多数の人々が集まる場所であり、人が混雑するがために事故等の発生が予測される場所でもあります。
そのため主に部隊を編成し、参集する人々に対し、必要な情報の提供、規制、広報、案内、誘導、その他状況に応じた対応を行うことで、イベントにおける人々の安全確保に貢献しています。

3号警備

円滑な日本経済の流通に貢献しています。
運搬中の現金、貴金属、美術品等に係る盗難等の事故の発生を警戒し、防止する業務です。
国民の貴重な財産等の輸送を担う運搬警備業務は、犯罪の標的となりやすい業務であるため、常に隙のない強固な警備が行われています。

1. 貴重品運搬警備業務

車両で運搬する場合は、複数の警備員が連携し、ユーザーの財産である貴重品を安全に目的地まで運搬しています。また、使用する車両は、不測の事態に備えた特殊車両であることが多く、ハードとソフトの両面において高度な警備システムが構築されています。

貴重品運搬警備業務

2. 核燃料物質等危険物運搬警備業務

ユーザー、その他関係機関との綿密な打ち合わせのもと、原子力関連施設間において核燃料物質等危険物を安全に運搬しています

4号警備 は

人の生命・身体の安全を守っています。
人の身体に対する危害の発生を、その身辺において警戒し、防止する業務です。

BGでボディガードとも呼ばれています。日本ではあまりなじみがないのですが、アメリカのシークレットサービスは有名で大統領夫人などの警備にもついています。

日本とアメリカでは法律や警備のあり方も違うので一概には言えませんが、やりがいのある警備の仕事です。

1. 身辺警備

一般的に「ボディガード」と呼ばれているものです。
現在では、政財界の要人、芸能人、スポーツ選手、作家などの著名人ばかりでなく、広く一般市民、子供に至るまでその対象は拡大しています。
また、GPSを利用した「位置情報サービス」や女性や子供などの犯罪弱者を対象とした「エスコートサービス」の提供も充実しています。

主な身辺警護の例

私邸警護ボディーガード

一般的な身辺警護業務です。警護対象者の近くで、指定時間の身辺警護を行います。著名人の方、経営者、政治家、スポーツ選手などのご利用が一般的でしたが、近年はごく一般的な方のご利用も増えています。警護対象を私邸とし、不審者を対象とした「私邸警備」のご利用も可能です。

送迎警護エスコートサービス

出社・退社時、登校・下校時など移動に対しての身辺警護です。通常身辺警護に比べ待機時間を含まない為、低コストでご利用いただけます。近年は銀行からご自宅や目的地といった形でご年配の方が売買などで必要となる現金の移動のエスコート依頼も増えてきています。

移送サポートストーカー対策

ストーカー対策としての警護です。ストーカー対策は警察との連携も重要な要素となりますが、警察による巡回や、ストーカーへの警告といった対策を補う業務です。特殊な状況に対応するためケーワンではストーカー対策専門部署を設けました。詳しくはストーカー対策のページをご覧ください。 (CLICK)

 

身辺警護について

身辺警護 お問合せ 身辺警護のながれ 身辺警護についての面談 身辺警護の説明 ご依頼内容の解析・警護配置実査 エスコートサービスの流れ 警護計画書・お見積りの提出 エスコートサービスの説明 協議のうえ警護契約のご締結 送迎警護とボディーガード 警護業務の開始

当社では万全の警護体制で、ご依頼主様をお護りするため、基本2名1チームで警護に当たらせて頂いております。但し、警護人員は案件によりご提案させて頂いており、キッズ、女性のエスコートサービスに関しましては、1名配備も可能です。詳細はお問合せ、ご相談の際に協議させて頂きます。

 

また、短期の場合は4時間以上(エスコートサービスを除く)が基本となり、20日以上の長期契約に関しましては別途料金体系が異なりますので、お気軽にご相談ください。

 

お見積り、ご相談は無料です。尚、警護内容、お客様の情報等に関し、警護担当者以外とは共有致しませんので、ご安心ください。